イソフラボンの凄さとは

 

イソフラボンはポリフェノールの仲間で葛や大豆などのマメ科の植物に多く含まれている成分です。

 

たくさん種類のあるイソフラボンの中から、
今回は『葛(くず)の花由来のイソフラボン』について詳しく調べてみました。

 

 

葛の花由来のイソフラボンの葛の花とは

 

葛はマメ科の植物で、開花時期は夏の終わりから秋の初め頃。
秋の七草の一つになっています。
根の部分は風邪に効果があることで有名な葛根湯の原料に使われています。

 

葛の花の部分には酒毒を分解する働きがあり、二日酔いや吐き気を和らげる効果があります。

 

 

葛の花には色々な効果があり、6つの効果・効能があるとされています

イソフラボンの凄いところ

  • 二日酔いの症状緩和
  • お腹の脂肪・内臓脂肪・皮下脂肪が燃焼しやすい状況をつくる
  • 脂肪の吸収を抑える
  • ダイエット効果がある
  • 生活習慣病の予防
  • 中性脂肪を下げる

葛の花にはこのような素晴らしい働きがあるのです。

 

シボヘールには葛の花由来のイソフラボンが豊富に含まれていますので、肥満気味な方の体重やお腹の脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)・ウエストの周囲系を減らすのを助ける働きがあるのです。

 

 

テクトリゲニン類とは

葛の花由来のイソフラボンに含まれるテクトリゲニン類とはどんなものでしょう。

 

テクトリゲニン類とはイソフラボンの種類のことなのです。

 

多くあるイソフラボンの種類の中でも内臓脂肪を減らす効果が高いことが認められています。

 

保健機能食品やサプリメントに使用されることが多いのです。
ダイエット効果について色々な臨床試験が行われていてBMIが低下したといった結果が出ています。

 

お腹の脂肪が気になっている方はテクトリゲニンを含む健康機能食品を試してみましょう。

 

 

機能性表示食品

機能性表示食品とは消費者庁によって科学的根拠が確認さえた栄養成分を一定の基準量を含む食品であれば国が定めた表現によって機能性を表示できます。

 

健康食品やサプリメントを選ぶときは国に認められた成分を含む商品を選ぶようにしましょう。

 

 

まとめ
イソフラボンの凄い所は、お腹の周りをスリムする手助けをしてくれるので、
理想のメリハリボディーを効率よく目指せるという事です。

TOPへ