シボヘールとナイシトールを比べました

 

お腹の脂肪を落としたい時に効果のある漢方薬や健康食品を探していると必ずたどり着くのが、この2つの商品です。

 

どっちの効果が高いのか気になりますよね。

 

シボヘールナイシトールの効果や値段を比べてみました。

 

 

ナイシトールZ

特徴【漢方薬】
成分【防風通聖散】
効果・効能【肥満症・高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘などの改善】
1月分の内容量【420錠】
価格【8,100円】

 

 

シボヘール

特徴【機能性表示食品】
成分【葛の花抽出物・還元パラチノース・セルロース・ショ糖脂肪酸エステル・二酸化ケイ素】
効果・効能【脂肪の合成を抑え分解燃焼を促進】
1月分の内容量【120粒】
価格【初回980円(税込) 2度目から2,880円(税込)】

 

 

 

価格を比較してみました

 

ナイシトール

1日3回 1回5錠 1日当たり 216円

 

シボヘール

1日4粒 1日当たり 93円

 

 

ナイシトールの1日3回5錠づつ飲むのは、結構きついですね。
仕事や、出掛ける時にも持ち歩かなければなりません。
シボヘールは1日4粒、どのタイミングでも飲めるので飲みやすさの面ではシボヘールの方が続けられそうです。
1日当たりの値段でも、倍ぐらい違うのでシボヘールの方がコストがいいです。

 

ナイシトールとシボヘールの効果の違い

どちらもお通じが良くなったという口コミが多く、効果の差は特にありませんでした。

 

しかし、ナイシトールの効果・効能に肩こり・のぼせ・むくみとの表示がありますので、このような症状のある方はナイシトールを選んでもいいかもしれません。

 

ナイシトールは第2類医薬品で、シボヘールは機能性表示食品です。

 

どちらも最低約3ヶ月は飲み続けないと効果が実感できないかもしれません。

 

まとめ
漢方薬と機能性表示食品の違いはありますが、どちらもお通じが良くなり、長く続ければ効率よくワンサイズ下の服を着ることが出来るようになっているかもしれません。
ナイシトールは値段が高くても肩こりやのぼせ・むくみ等にも効果期待したい方は、こちらが良いかもしれません。
シボヘールはコストパフォーマンスがよくて、飲みやすく続けやすいので、手軽に続けたい方は、こちらがおススメです。

 

ダイエットしたい方は暴飲暴食を控えて、適度な運動を取り入れて
自分に合っている方を選んで飲み続ければきっと良い結果が待っていると思います。

 

おなかの脂肪が取れて、スリムになった自分を想像しながら頑張りましょう。

 

トップページシボヘールをamazon・楽天で買ったら後悔する可能性大!?

TOPへ