防風通聖散の効果的な飲み方は?

内臓脂肪を減らす防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)ですが、間違った飲み方をしてしまうと折角の効果が出ない場合があります。

 

防風通聖散効果最大限に発揮できる飲み方や、効かない場合の原因を紹介します。

 

 

防風通聖散を飲むタイミングは?

まず最初に防風通聖散を飲むタイミングについてです。

 

防風通聖散は漢方薬の一種なので、食前食間に飲みます。

※食間とは?

食事と食事のあいだ。食事をしてからおおよそ2時間後を目安にします。

 

漢方薬は一般的に病院で処方される薬と違い食前か食間に飲むので間違えない様にしてください。

 

西洋医学の薬は成分が強いものが多く胃に何も入ってない状態で服用すると胃が荒れてしまいます。
このような理由で食後に飲む事が多いのです。

 

防風通聖散wiki

 

漢方薬の場合は胃が空の状態の時に飲む方が効果が出やすいです。

 

防風通聖散を飲んでいて効果が出ないと思った方は食後に服用していませんでしたか?
防風通聖散を飲むタイミングは食前又は食間です。

 

 

防風通聖散は何で飲む?

防風通聖散を飲むときは又は白湯で飲む様にしましょう。

 

独特な匂いと苦みがあるので苦手な方はジュースなどで飲んでる人もいますよね?
薬をジュースやコーヒー等で飲むとせっかくの有効成分が効かなくなってしまう可能性があるのです。

 

防風通聖散もそうですが薬全般服用するときは水か白湯で飲む様にしましょう。

 

どうしても味や苦さが受け付けない場合はオブラートを使って飲むと、飲みやすくなります。

 

 

防風通聖散が効かない原因

防風通聖散を飲んでも効かないと思っている方は次の様な原因があるかもしれませんのでチェックしてみてください。

 

防風通聖散は漢方薬なので即効性はありません。

体質を改善していくものなので、個人差はありますが1〜2ヶ月は続けてみてください。

 

飲むタイミングが間違っていませんか?

先ほどにも触れたように飲むタイミングは食前又は食間です。
普通のお薬と同様に食後に飲んでいませんでしたか?
お勧めは食後2時間後に飲む習慣を身につける事です。

 

決められた用法・容量を守っていますか?

決められた量を守らなければ良い効果が得られません。
いっぱい飲んでも早く効くわけでもありませんし、量を減らしたり飲み忘れてしまったりするとせっかくの効果も半減してしまいます。

 

最大限の効果を得られたいのであれば、用法・容量をしっかりと守って服用しましょう。

 

防風通聖散を飲んでるからといって沢山食べていませんか?

内臓脂肪が付く1番の原因はカロリーの摂り過ぎです。
暴飲・暴食をしていると薬の効果が間に合いません。
毎日の食事を見直し、適度な運動をする事が内臓脂肪を減らすのに1番有効な方法です。

トップページシボヘールamazon 楽天

 

TOPへ