防風通聖散の副作用で肝機能障害が出る場合があるって本当?

 

防風通聖散は今はドラックストアなどでも取り扱いがある医薬品です。

 

手に入れようと思えば誰でも簡単に手に入れられ、服用することができますが
どんな薬にも副作用はあります。

 

防風通聖散にはどのような副作用があるのか?

重篤な副作用について

 

紹介しますので、服用される前の参考にしてください。

 

 

防風通聖散の副作用

 

防風通聖散の副作用には次のような症状が明記されています。

 

皮膚

  • 発心
  • 発赤
  • かゆみ

 

消化器

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 胃部不快感
  • 腹部膨満
  • 激しい腹痛を伴う下痢
  • 腹痛

 

精神神経系

  • めまい

 

その他

  • 発汗
  • 動悸
  • むくみ
  • 頭痛

 

稀に下記の様な重篤な症状が起こることがあります。

 

 

重篤な副作用

 

間質性肺炎

 

偽アルドステロン症、ミオパチー

 

肝機能障害

 

腸間膜静脈硬化症

 

などの副作用があることが明記されています。
症状があらわれてしまったらしまったら、服用を中止して医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

 

稀に重篤な症状があらわれると明記されている中に肝機能障害があります。
その症状として、
発熱・かゆみ・発疹・黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)・褐色尿・全身のだるさ・食欲不振などがあります。

 

 

 

最近は防風通聖散がドラックストアなどで簡単に買えてしまいます。

 

 

次の様な方は、飲む前に医師・薬剤師に相談してください。

 

 

防風通聖散を服用する前に医師又は薬剤師に相談がひつような方

  • 病院の治療を受けている
  • 妊婦又は妊娠している可能性がある方
  • 虚弱体質
  • 下痢しやすい人
  • 発汗の著しい人
  • むくみや排尿困難な方
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 腎臓病
  • 甲状腺機能障害の診断を受けた方
  • 高齢な方
  • 薬により発疹・かゆみなどを起こしたことがある方

 

 

医師の診断を受けて防風通聖散を服用しましょう

 

保険が適用されると費用がかなり安くなります。

 

暫く続けて服用するものなので費用の面も大事です。
それと、効果が無かったり副作用が出てしまった場合でも相談しやすいということが大きなメリットです。

 

痩せたいというだけで防風通聖散を処方してもらおうとすると、お医者さんに怒られる場合があります。

 

ダイエットの目的での保険適応は、ほとんど無理です。

その場合、食事指導されるのがオチです。

 

 

手軽に無理なく始められるサプリ

防風通聖散は市販で買おうとするとかなりコストがかかります。

 

保険適応で安く手に入れようとすると、お医者さんにかからなくてはならず、必ずしも処方してくれるとは限りません。

 

可能性は低いですが、上記の様に重篤な副作用もあります。

 

 

ダイエットの補助に防風通聖散を服用したいと思っている方は、もっと手軽な物から始めてみませんか?

 

コストパフォーマンスもよく、副作用も少ない機能性表示食品シボヘール

 

 

内臓脂肪を減らすのを助けてくれる葛の花由来のイソフラボン】が豊富に含まれている健康食品です。

 

防風通聖散の市販薬である『ナイシトールZ』は1ヶ月分8,100円(税込)に対し『シボヘール』は1ヶ月分初回980円(税込)で買うことができます。
コストを抑える為、通信販売でしか販売されていません。

ぽっこりしたお腹を理想のメリハリボディーに変えて、健康的な毎日を送ってみませんか?

トップページ:シボヘールをamazon・楽天で買ったら後悔する可能性大!?

 

関連ページ:シボヘールの効果を教えて!副作用は大丈夫!?

TOPへ