食べてすぐ寝ると牛になるについて

 

食べてすぐに寝ると牛になるって聞いたことないですか?

 

これはコトワザです。

 

食事の後にすぐ横になったり寝たりするのは行儀が悪く、昔の人はそのことを戒めた言葉です。

 

 

食事の後、すぐに寝てしまうと何で太ってしまうのか?

 

食べた後にすぐ寝てしまうと、がほとんど使われなくなってしまいます。
そうすると脂肪として蓄積されやすくなるので太りやすくなってしまうのです。

 

食後は血糖値が急上昇します。

血糖値が上昇すると、糖質が脂肪に変わりやすいので
食後は少し休憩した後、ストレッチや足踏み程度の運動で血糖値の上昇がかなり抑えられます。

 

普通に考えて、寝る前に摂ったカロリーは消費の少ない就寝中に消費されるわけないですよね。

 

摂取カロリー>消費カロリーにならにように心がける事が大事就寝時間の3時間前までに夕食を済ませるのがベストです。

 

食事の後にすぐ寝ると他にも良くない事があります。

 

 

食後すぐ寝てしまう方のデメリットはこんなにある!

動かないのでエネルギーを消費しないのは勿論ですが、交感神経が乱れてしまいます。

 

食べてすぐ寝ると副交感神経が優位になる前に寝てしまう為に、消化が十分に行われません。
起きた時に吐き気や胃のむかつき・胃痛などの症状が出てもおかしくありません。

 

睡眠が浅くなる

食べ物が消化される前に寝ると、消化しようとして胃に血液を送ります。
すると脳に血液が行き渡らなくなり熟睡できなくなってしまいます。

 

また食後は体温が上がっている為、ノンレム睡眠にうまく入れず疲れが取れません。

 

 

逆流性食道炎になりやすくなる

 

食べてすぐ寝るのを繰り返すと逆流性食道炎のリスクが上がります。

 

胃酸と胃の中の物が食道に逆流してしまうと粘膜のただれや潰瘍ができてしまうことがあります。
その為、胸やけなどが起きる場合があります。

 

どうしても横になりたい時は、なるべく左側を下にすると逆流しにくくなります。

 

 

では実際にはどのようにすればいいのか?

  • 寝る3時間前までに食事を済ませましょう。
  • 夜9時以降は食べない様にしましょう。
  • 食後30分程度はゆっくりしてその後に軽い運動をするのがベストです。

 

それでも時には仕事などで帰りが遅くなってしまうかもしれません。
そのような時はお粥やスープなどお腹に優しい食べ物をよく噛んで食べましょう。

 

食後に寝るといっても昼間に仮眠をとることは逆に健康に良いとされています。
お昼ご飯を食べ、少し休憩をとった後に10分〜20分程度の仮眠をとることは脳もスッキリして消化も促進されます。

 

 

まとめ
結果、夜の場合は寝る3時間前までに食事を済ませる事が大事です。
昼寝には罪悪感を持たずに積極的にとるといいでしょう。
昼間だったら牛になりません!モ〜

TOPへ