葛の花イソフラボンの副作用と危険性

 

葛の花(くずのはな)と聞いても普段あまりなじみが無い物なので、若い方には知らない方も多いはずです。
ですが【くず餅】や漢方薬の名前で【葛根湯】と聞けばピンとくる方もいるのではないでしょうか?

 

近年その葛の花の成分の一つ、
葛の花イソフラボン内臓脂肪を減らすサポートの効果が期待されています。
それにより最近では葛の花イソフラボンを主原料にしたサプリメントが増えてきました。

 

 

葛の花イソフラボンは安心して飲めるの?

葛の花イソフラボンはポリフェノールの一種で、基本的に安全性の高い成分だと言われています。

 

葛の花イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きを持ちます。

女性は年齢と共にエストロゲンが減少することで、
更年期症状が現れますがエストロゲンに似た【葛の花イソフラボン】を取り入れる事で更年期の症状を改善する効果が期待できます。

 

妊娠中や授乳中の女性は女性ホルモンが増加している為、
葛の花イソフラボンを摂取すると体の中の女性ホルモンの働きが過剰になってしまう恐れがあります。

 

その為妊娠中や授乳中にはイソフラボンを多く摂取しない方が良いと言われています。

 

しかし葛の花イソフラボンを原料としているサプリメントの副作用は特に報告されていません。

 

副作用が報告されていないと言っても体に合わないアレルギーなどを持っているという方は控えた方がいいと思います。

 

 

 

葛の花イソフラボンの効果

 

脂肪の燃焼を助けてくれる

イソフラボンは主に内臓脂肪や中性脂肪や皮下脂肪などを燃焼し減らしてくれる効果が高いと期待されています。

 

脂肪は体内でエネルギーとして使われずに余ったエネルギーが合成されて蓄積されています。
葛の花イソフラボンには脂肪の合成を抑制して分解・燃焼する働きがあります。

 

また血中の中性脂肪の上昇を抑制する働きもあります。

 

 

 

女性ホルモン・エストロゲンとよく似た働き

葛の花イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た働きがあります。

 

月経困難症や更年期障害
薄毛
抗酸化作用
骨粗しょう症

 

 

葛の花イソフラボンには女性は勿論、男性にも嬉しい様々な効果が期待できます。
安全性高い成分ではありますが、妊活をされている方や妊娠中・授乳中の方は過剰摂取はしない方がいいでしょう。

TOPへ